モーター部品(ステーター・アーマチュア)製造のKMD モーター部品(ステーター・アーマチュア)製造のKMD
ホームメッセージ会社案内製品案内製造工程設備情報お問合せ個人情報保護方針

 
ステーター(固定子)
アマチュア(アーマチュア)
ケーブルハーネス
修理・メンテナンス
コイル表面処理技術
コイル整形技術

TEL 029-247-7356 FAX 029-247-7384

コイル表面処理技術

KMDでは2種類のコイル表面処理を行っています。

1つは、コイル表面にエポキシ樹脂を塗布する表面処理です。
エポキシ樹脂層の効果で、巻線部分の補強はもちろんのこと、防塵や防滴の効果を高めます。
巻線がエポキシ樹脂層に よってしっかりと固定されるため、テーピングの代用として開発され、コストダウン効果が期待されています。

もう1つは、コイル表面処理としては一般的な方法で、ワニスを塗布する方法です。
巻線部分の補強、絶縁に効果があります。KMDではモーターの用途によりワニスの種類を選び、ワニスの付着状況や濃度を適正に管理することで、コイル表面処理の信頼性を高めています。

 

エポキシ樹脂による表面処理

ワニスによる表面処理1

ワニスによる表面処理2

↑ページトップへ戻る

Copyright 株式会社KMD All Rights Reserved.